もくせい塾のお菓子ランキング

もうすぐハロウィンですね。ハロウィンと言えばお菓子。もくせい塾ではお菓子を常備しています。初めは勉強の備品、長時間勉強をする生徒たちの小腹が空いたときにあったらいいよねと思って置いていました。最近は帰り際に持って帰る生徒が増えてきています。

 

私のお財布事情もあり、あまり高級なものは置けないのですが(^_^;)、生徒たちの喜びそうなものを毎回選んで並べ、生徒たちがどのくらい持って帰るかを見て好みを調べ、次買うときの参考にしています。ということで、もくせい塾生の好きなお菓子ランキングトップ5を発表します。

 

 

 

5位 ブランチュール(ブルボン)

ラングドシャクッキーでチョコを挟んだお菓子です。これは私も好きですが、塾に置くと私の分は無くなります。

 

 

 

4位 カントリーマアム(不二家)

不二家の出すチョコチップクッキーです。大袋でお徳用サイズが打っているのはありがたいです。ですが大袋サイズでも塾に置くと3日かからず無くなります。生徒たちはココア味よりもバニラ味のほうが好きみたいです。

 

 

 

3位 キットカット(ネスレ)

受験のお守りとしても有名なチョコレートですね。その名が「きっと勝つ」に似ているところが受験祈願グッズになったいわれらしいですが、受験グッズとして有名になった後、一時期だけセット販売していた五角形の「合格マグカップ」は蛇足だったと思います。(私は買いましたが。)

 

 

 

2位 ロアンヌ(ブルボン)

ゴーフレットにバニラクリームを挟んだ軽い触感のお菓子です。軽いので他のお菓子と抱き合わせで持ち返る子がほとんどです。塾に置くとその日の帰りにはキレイさっぱり無くなります。

 

 

 

そして栄えある第1位は…

 

 

 

1位 チョコパイ(ロッテ)

やはりこれですね。価格帯の中で最もゴージャス感あふれるお菓子だと思います。まるでケーキのようだと評しても過言ではありません。子供たちの食いつきも相当なもので、私がこれを置くところを見た生徒がワラワラと集まり、置くや否や無くなっていきます。その様子はまるでアマゾン川のピラニアが怪我を負った子ヤギに襲い掛かるかのようです。

 

そんなわけで、生徒たちはチョコレートなどの「甘い」洋菓子が好きのようですね。おせんべいや和菓子なども置くのですが、人気は「ボチボチ」です。ちょっとしたことですが、生徒たちの喜びになれば幸いです。

もうすぐ期末テスト

本日は即位礼正殿の儀で祝日ですが、テスト期間中の高校生と中3受験生は塾を開いてから続々と自習に来ています。すごいですね~。

 

さて、富士中の中間テストは終わりましたが、2学期は中間テストと期末テストの間隔がかなり狭いです。中1・2の期末テストまで今日で残り43日です。1ヵ月とちょっと。「テストも終わったし、ちょっと勉強はお休み~。」などと言って今週何もしなかったら、もうテスト1ヵ月前です。

 

昨日は中2のNちゃんが授業も無いのに自習に来ていました。素晴らしいですね(^^)/ こうして、勉強のペースを緩めずにコツコツとやっていけば成績も必ず上がります。頑張っていきましょう!

練習の大切さ

本日は富士中の中間テストでした。塾生たちはどのくらいできたでしょうか。

 

私は、テスト問題は問題集の中からしか出ないと思っています。それは、テストが問題集の問題を切り貼りして作られているというわけではなく、問題集をきちんと解けるように練習しておけば、多少違う問題が出ても対応できるという意味です。

 

勉強をやり込むと、テストで「この問題やったことがある!」となります。数学などは、数字を変えられていても解法が身に付いていれば「既視感」で解けるようになります。社会の記述も、ワークの問題を背景や流れを理解していれば書けるようになります。英語だって文法が理解できていれば並び替え問題なんてただのパズルです。やり込むことでその感覚を身に付けられれば上位に入ることだってできます。

 

ですから「ワークの反復」こそがテスト勉強の王道です。反復して知識や解法といった技術を身に付けておくことが、初見問題への対応力にもつながります。それをしないで「勉強が分からない」と言っている子は、部活動に置き換えるといいと思います。シュート練習をしてシュートするときの体の動きを身に付ければ、試合の時に決めることができます。でもそのシュートは練習の時に打っていたのとはシチュエーションが違うはずです。打った場所・距離・疲労度緊張感全て練習通りなんてことは無いはずです。でも決めることができた。それは、練習をやっていたからです。

 

勉強も体を使うという意味ではスポーツと同じ。練習をきちんと積んでいれば本番でもうまくいく。学校でもワークは3周するよう言われていますし、私も7周目指して勉強するよう伝えています。今回練習量が足りなかった生徒は、2、3日前からジタバタしても遅いということを肝に銘じて、今日から次の期末テストに向けて勉強していきましょう。

 

 

テスト前日

今日は富士中と越谷南高校の中間テスト前日なので、日曜ですが塾を開けています。開始時刻になるなり生徒が入ってきて、自習スペースは満席になりました。

 

全員5分もしたら、黙々と作業を始めています。今から私も質問対応やワークチェックに入ります。

 

まだ来ていない人もいますが、明日テストの人は大丈夫でしょうか。(そんなはずはありません。)これを見ている保護者の方で、お子様がまだ家にいる場合はすぐに塾に来させて下さい。まだ座席は用意できます。

 

ラストスパート頑張ろう!

本気が見たい

富士中の中間テストま4日です。今日は塾開始早々から中3生の何人かが質問や教科書の訳チェックに来ていて良い傾向です。

 

受験が近付いて来ている実感がある3年生とその他の学年の生徒とでは、必死さが違いますね。3年生は分からなければ質問に来て、ワークを覚えたらチェックを受けに来るようになってきました。他の学年の子たちもそうあって欲しいなと思います。