スマホの存在を見せないで

塾は勉強する為の場所です。それは学校よりも、図書館よりも、ましてや自分の部屋よりも勉強がはかどる場所でなくてはいけません。

 

その為に塾にはテレビはありませんし、スマホをいじっている人もいません。本当はスマホを持ち込むことも禁止にしたいのですが、保護者の中には「子供の安全の為」にスマホを買い与えている方もいらっしゃるでしょうから、それはできません。本当は、バッグの中にスマホが入っている時点で、意識の何パーセントかはそちらに持っていかれているはずなので嫌なのですけれどね。(保護者の中には、スクリーンタイムを使って子どものスマホ使用を管理したり、アプリダウンロードのパスワードは子供に教えていなかったりする方もいらっしゃるので全員ではありません。)

 

塾の中でラインの着信音が鳴ったりすると私はうるさいです。「電源を切れ」と。他の生徒の邪魔にもなりますし、何より空気が濁ります。塾は勉強する為の場所ですからね。また、ポケットの中とかすぐにスマホが出せるような場所にあるのも嫌です。塾にいる間、本当にスマホをいじっていないのかと疑ってしまいますからね。もちろんいちいちチェックすることはできませんが、ポケットに入れている場合、トレイに立つときスマホをトイレに持ち込んでいることになります。それ、本当にいじっていませんか。

 

「トイレに行くときくらいいいじゃん」と思われるかも知れませんが、私は嫌です。そもそもその考え自体が、この場を汚していることに気付いて下さい。

周りに迷惑をかけるな

来年から大学入試センター試験の代わりに行われる予定の共通テストから、数学・国語の記述問題導入が見送られるようですね。

 

英語の民間試験導入見送りに続き、見送り三振が決まりました。どうやら来年は、問題傾向が少し変わるだけで、大学入試センター試験から共通テストへ、名称だけを改革するようです。

 

これって何かに似ているなあと思っていましたが、あれです。高校に進学したばかりの生徒が、「一生懸命勉強して大学は国立に行きます!」と言っていたのに、半年もしないうちに勉強そっちのけで遊びだしてしまう現象、通称「お花畑の進路」に似ていますね。理想はあるのでしょうが、身が伴っていません。

 

振り回される生徒からしたらたまったものではありません。

平均点が低いと

学校の定期テストの平均点が低いと、多くの生徒が「低い」点数を取ることになります。

 

例えば平均点が50点だとしたら、およそ半分の生徒が50点を取れないということになります。ほぼ真ん中でも40点台…。結構自信を失いそうですね。私も生徒時代、外部模試で24点を取ったときはショックでした。(これは自分の実力が無かっただけでしたが。)

 

平均点を低く設定する問題作りはなぜ起こるのでしょうか。あくまで想像ですが、上位層が厚い場合、その優劣を付けさせるためにはどうしても問題を難しくしなくてはなりません。そうしないと得点がバラけないですからね。しかし大変なのは中位層から下の生徒たちです。逆に下位層の生徒たちのほうで点が取れなくて団子になっちゃってたりして。でももしも、平均点を下げたい先生がいたとすると、何と戦っているのでしょうね。絶対評価になってから、できる生徒の通信簿はみんな「5」でいいはずなのに。そんなに点数を取らせたくない何かがあるのでしょうか。

 

生徒のモチベーションコントロールはとても難しくデリケートなテーマです。80点までは通信簿「3」ならば、平均点は65点くらいに設定してくれればありがたいのになあなんて思ったりします。

ねないこだれだ

保護者の方と面談を行っています。貴重なお時間をいただきありがとうございます。

 

先日の面談では「生活習慣が滅茶苦茶です。」という話をいただきました。親より寝るのが遅く、朝も起きないと。その原因はスマホゲームだそうです。塾でいくら勉強させようとしても、体調面で万全でなくては効果的ではありません。そこを理解してくださっているようでありがたいです。是非改善させて、勉強につながるようにしていってもらいたいです。

 

他にも、「家ではこうさせます。」と宣言していかれる保護者の方が結構いて、学校と家庭と塾の三位一体となれている感じがして頼もしいです。もちろん勉強は塾で完結するのが理想ですが、こうした協力があると成績はより伸ばしていけると実感しています。

 

勉強する姿を人に見せる

「自分の部屋でやるから」と言って部屋にこもる子。まあ勉強はしていないでしょうね。なぜ自分の部屋でなければいけないのか。少し考えたらその理由は分かるはずです。

 

 

家で勉強はまず無理だと思います。一番の強敵はスマホです。その他にもマンガ、テレビ、音楽、自分の布団やベッド、家族がテレビを見ている姿、兄弟姉妹が遊んでいる姿、話し声…。

 

私はずっと、「塾以外での勉強は認めていない」と言い続けています。初め「勉強は家でやる」と言ってかたくなに自習に来たがらない生徒も、塾で自習するようになると成績が上がります。中学生の時は自習に来ていたのに高校になって自習に来なくなった生徒は成績が下がります。勉強は強烈なモチベーションが無い限りは「他の人の目が光っている」ところでやるべきです。